幹細胞培養上清液は再生医療の新技術

再生医療の促進には培養上清液が効果的

培養上清液は再生医療で注目されている新しい医療であり、患部に幹細胞を注射することで細胞を活性化させてくれます。
現在は自由診療のケースが大半なので、保険適用外です。
ケガや美容などの回復促進のために使われており、今後は保険拡大による適用範囲に入る可能性もあります。

幹細胞は元々人間の体に存在しており、細胞増殖をして古い細胞から新しい細胞へ生まれ変わる作用を担っているのです。
また傷付いた細胞を修復したり、人間の器官を正常に保つための働きも担っております。
血管の壁や血流が良く流れること、皮膚の赤みや瑞々しさなども幹細胞が活発に働くことで保たれるのです。

加齢と共に幹細胞の働きは弱くなり、修復力が下がってゆきます。
外部から注射などで患部に幹細胞を注入することで、外部起因の刺激になって自己の幹細胞を活発化させてくれる働きもあるのです。
再生医療ではこの新陳代謝を高めることで、美容やケガの治療促進を促す効果があると言われております。

幹細胞による新陳代謝

生物の細胞は一生で決められた数だけ分裂し、同じ数だけ消滅してゆきます。
どんなに健康的で長生きをしても、細胞の分裂数が尽きてしまえばその生物は寿命を迎えてしまうのです。
また新陳代謝には複数の要素が絡みますが、その一つである幹細胞は加齢と共に働きが弱くなります。
その結果紫外線を浴びた皮膚の修復は十全に行われずに、さらに乾燥状態などによってシワが発生するのです。

美容目的に幹細胞を使い培養上清液で患部を刺激することで、体の持つ再生力を高める効果が期待出来ます。
現在はこの効果が一部認められつつあり、非保険適用や美容目的で再生医療が使われつつあるのです。
今後は臨床による結果や費用対策により、自由診療だけではなく保険適用のケースでも再生医療が広がってゆくことが予測されております。

体の自己免疫や再生力を高めることで、自身に備わった力を活性化させるために副作用が少ないことがメリットです。
万能ではなく再生力の上昇なのですが、もしかしたら免疫機能を改善出来るかもしれません。

まとめ

再生医療に臨まれるのは万能的な医療ではなく、ケガの回復力を上昇させることです。
たとえば火傷などの状態へ再生医療を使えば、皮膚の再生が早くなる可能性もあります。

美容目的で使えばシミやシワの発生を抑えたり、ターンオーバーで目立たなくさせることも期待出来ます。
現在は大半のケースで自由診療のために、治療を受けたい場合には自費による高額な出費をしなくてはいけません。
しかし今後は効果が認められれば、保険適用になる可能性は十分あります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。